CASBEE評価申請

「CASBEE」(建築環境総合性能評価システム)は、建築物の環境性能で評価し格付けする手法です。省エネルギーや環境負荷の少ない資機材の使用といった環境配慮や、室内の快適性や景観への配慮なども含めた建物の品質を総合的に評価するシステムです。

CASBEEの特徴は、建築物の環境に対する様々な側面を客観的に評価するという目的から、以下のという3つの理念に基づいて開発されています。
建築物のライフサイクルを通じた評価ができること
「建築物の環境品質(Q)」と「建築物の環境負荷(L)」の両側面から評価すること
「環境効率」の考え方を用いて新たに開発された評価指標「BEE(建築物の環境性能効率、Built Environment Efficiency)」で評価すること

また、評価結果を「Sランク(素晴らしい)」から、「Aランク(大変良い)」「B+ランク(良い)」「B-ランク(やや劣る)」「Cランク(劣る)」という5段階のランキングにより評価します。

CASBEEには、評価する対象のスケールに応じた建築系(住宅建築、一般建築)、都市・まちづくり系(まちづくり、都市)の評価ツールがありこれらを総称して「CASBEEファミリー」と呼んでいます。

CASBEEファミリー(画像出典:IBEC)

CASBEE評価申請

特徴とメリット
床面積の合計が2,000m2以上の建築物「特定建築物」においては届出義務があります。

(1)建築物の環境性能(省エネルギーや環境負荷、室内の快適性や景観への配慮など)で評価

   し格付けすることで建物の品質の総合評価が得られます。

(2)公共事業の競争入札においても判断基準にされることがあり、高ランクにしておくことで

   落札機会が高まります。

(3)外資系企業のLEED等の認定を受けているビルに入居したいというテナントニーズに応え

   る事ができます。

(4)消費者が建物の性能の相互比較できます。(売却時の資産評価が期待できます)

手続き期間の目安
民間確認検査機関にて評価書を取得し行政に届出をします。省エネルギー法に基づく届出は工事着手予定日の21日前までとなっていますが、行政により異なる場合があります。(CASBEE横浜の届出は建築確認申請予定日の21日前までの届出)

平成24年4月1日から、戸建住宅を含む2,000㎡未満の建築物についても、希望者が任意で届出を行うことができる制度となり、戸建住宅の新築、増築又は改築する場合の届出期日は工事着手予定日の前までとなっています。場合により準備を含め数ヶ月かかる場合もありますので規模と内容を考慮したスケジュールを見込んでおきましょう。

費用の目安 ※参考価格です。詳細はお問い合わせください。
約15万円〜
対象
☑️   住宅 ☑️   非住宅 ☑️   新築 ☑️  増築改築等

※上記記載の費用は目安です。特に共同住宅や特殊建築物においては戸数や規模により算定されますのでご注意ください。
※確認申請時に地区計画や条例等による許認可が必要な場合は別途費用が必要になります。
※各種申請にともなう申請機関等の審査手数料は別途です。
※スキップフロアや斜めグリッドなど特殊形状・難易度考慮が必要な計画は別途お見積もりします。

 

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォームへ

タイトルとURLをコピーしました