FLAT35適合申請

住宅ローンにおいて住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携しているローンです。
利用する際には技術基準に適合させて適合証明書を取得します。
FLAT35適合申請の申請サポートや温熱計算のお手伝いをします。

代表的な種類としては次のタイプがあります。

フラット35

借入時に返済終了までの金利が確定する金利固定型のタイプ

フラット35S

質の高い住宅取得を金利引下げすることで支援するタイプ

フラット35

子育て支援型

地域活性化型

子育て世帯の住宅取得や地方移住などを金利引き下げすることで支援するタイプ

フラット35

リノベ

中古住宅取得と性能向上リフォームのセットで金利引下げするタイプ

 

■【フラット35】技術基準の概要

基準項目 一戸建て住宅等※1 共同住宅
接 道 原則として一般の道に2m 以上接すること
住宅の床面積※2 70 ㎡以上 30 ㎡以上
併用住宅の床面積 併用住宅の住宅部分の床面積は全体の2分の1以上
住宅の規格 原則として、2以上の居住室(家具等で仕切れる場合でも可)、キッチン、トイレ、浴室の設置
戸建型式等 木造の住宅※3は一戸建てまたは連続建てのみ
断熱構造 住宅の天井または屋根、外壁、床下等に所定の熱抵抗値以上の断熱材を施工 (断熱等性能等級2相当以上)
配管設備の点検 点検口等の設置 共用配管を構造耐力上主要な壁の内部に 設置しないこと
区画 住宅相互間等を1時間準耐火構造等の界床・界壁で区画
住宅と住宅以外の部分の間を壁・建具等で区画(併用住宅に限る)
床の遮音構造 界床の厚さ 15cm 以上(RC 造の場合)
維持管理 基準

管理規約

管理規約が定められていること
維持管理 基準

長期修繕計画

計画期間 20 年以上であること
住宅の構造 耐火構造、準耐火構造(省令準耐火構造を含む)または耐久性基準※4に適合

※1 一戸建て住宅等とは、一戸建て住宅、連続建て住宅および重ね建て住宅をいいます。
※2 住宅の床面積には、車庫、共用部分(共同住宅の場合)及び非住宅部分(店舗、事務所等)の面積を除きます。
※3 木造の住宅とは、耐火構造の住宅および準耐火構造の住宅以外の住宅をいいます。
※4 耐久性基準とは、基礎の高さ、床下換気孔等に関する基準です。

FLAT35適合申請

特徴とメリット
(1)住まいの性能が等級や数値で表示されるので、消費者が住宅の性能の相互比較できます。

   (売却時の資産評価が期待できます。)

(2)金融機関によっては住宅ローンの金利が優遇されます。

(3)保証料なし・保証人不要なほか、繰上げ返済手数料が無料です。

(4)住宅が一定基準を満たせば当初金利が優遇されます。(【フラット35】S)

※事業向け物件には利用できませんのでご注意ください。

手続き期間の目安
民間検査期間による設計審査及び現場審査があります。金融機関へ書類を提出して融資確定をすることも踏まえ、通常は確認申請と合わせて設計審査を申請します。準備を含めて1〜1.5ヶ月程度を見込むと良いでしょう。
費用の目安 ※参考価格です。詳細はお問い合わせください。
約5万円  (新築確認申請併願の場合)
対象
☑️   住宅 ⬜︎    非住宅 ☑️   新築 ☑️  中古
※上記記載の費用は目安です。特に共同住宅や特殊建築物においては戸数や規模により算定されますのでご注意ください。
※確認申請時に地区計画や条例等による許認可が必要な場合は別途費用が必要になります。
※各種申請にともなう申請機関等の審査手数料は別途です。
※スキップフロアや斜めグリッドなど特殊形状・難易度考慮が必要な計画は別途お見積もりします。

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォームへ

タイトルとURLをコピーしました