ZEH補助金申請

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。

画像出典:資源エネルギー省

ZEH(一戸建ての場合)は次の3種類に分けられています。

●ZEH
「断熱」+「省エネ」による省エネルギー率:20%以上
「創エネ」(再生可能エネルギー)を含む省エネ率:100%以上
●Nearly ZEH(ニアリー ゼッチ)/補助金対象は寒冷地、低日射地域、多雪地域に限る(※)
「断熱」+「省エネ」による省エネルギー率:20%以上
「創エネ」(再生可能エネルギー)を含む省エネ率:75%以上
●ZEH Oriented(ゼッチ オリエンテッド)/補助金対象は都市部狭小地の二階建て以上に限る
「断熱」+「省エネ」による省エネルギー率:20%以上
「創エネ」(再生可能エネルギー)を含む省エネ率:再生エネルギーを導入しなくてもいい
都市部狭小地(北側斜線制限の対象となる用途地域(第一種及び第二種低層住宅専用地域並びに第一種及び第二種中高層専用地域)等であって敷地面積が85m2未満である土地。但し、住宅が平屋建ての場合は除く)に建築される場合に限る。
●ZEH +(ゼッチ プラス)
「断熱」+「省エネ」による省エネルギー率:25%以上
「創エネ」(再生可能エネルギー)を含む省エネ率:100%以上
さらに以下の(a)~(c)より2項目以上をクリア
(a)断熱性能の更なる強化
(b)HEMSにより太陽光発電等の発電量を把握し、住宅内の冷暖房、給湯設備等を制御可能
(c)太陽光発電など再生可能エネルギーシステムより電気自動車等に充電可能
●Nearly ZEH +(ニアリー ゼッチ プラス)/補助金対象は寒冷地、低日射地域、多雪地域に限る(※)
「断熱」+「省エネ」による省エネルギー率:25%以上
「創エネ」(再生可能エネルギー)を含む省エネ率:75%以上
さらに以下の(a)~(c)より2項目以上をクリア
(a)断熱性能の更なる強化
(b)HEMSにより太陽光発電等の発電量を把握し、住宅内の冷暖房、給湯設備等を制御可能
(c)太陽光発電など再生可能エネルギーシステムより電気自動車等に充電可能

※「寒冷地」の場合は別途詳細があります

 

平成31年度ZEH支援事業において補助金による導入支援が、国土交通省・環境省との3省連携で進められています。

画像出典:資源エネルギー省

ZEH補助金申請

特徴とメリット
(1)光熱費を抑え、さらにその収支では黒字になるケースも見られます。

(2)ZEH等による低炭素化促進事業やZEH+実証事業、ZEH+R強化事業等の補助金が受けられ

   ます。(通常は一般公募・予算額超の場合は抽選)

(3)消費者が建物の性能の相互比較できます。(売却時の資産評価が期待できます)

手続き期間の目安
環境省ZEHの公募はSII(一般社団法人環境共創イニシアチブ)へ申請します。所管行政への申請も必要な地域があります。公募の時期(R31年では一次公募6月)を確認して余裕を持ったスケジュールを見込んでおきましょう。
費用の目安 ※参考価格です。詳細はお問い合わせください。
約15万円〜 (新築単独申請のみの場合)
対象
☑️   住宅 ⬜︎   非住宅 ☑️   新築 ⬜︎  増築改築等
※上記記載の費用は目安です。特に共同住宅や特殊建築物においては戸数や規模により算定されますのでご注意ください。
※確認申請時に地区計画や条例等による許認可が必要な場合は別途費用が必要になります。
※各種申請にともなう申請機関等の審査手数料は別途です。
※スキップフロアや斜めグリッドなど特殊形状・難易度考慮が必要な計画は別途お見積もりします。

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォームへ

タイトルとURLをコピーしました